プライベートクリニック吉祥寺で変身|変わる自分を実感しよう

スキンケア

手軽にできるプチ整形

中年女性

切らないでたるみ解消

ほうれい線は頬のたるみが原因でできます。顔の表情筋が落ちることや、真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少していくことで頬のたるみになります。ほうれい線を消すには、頬のたるみをリフトアップする必要があります。昔はフェイスリフトなどの外科手術をするしかありませんでしたが、今はプチ整形があります。プチ整形をすれば、手軽に頬のたるみを解消してほうれい線を消すことができます。代表的なのが、「ヒアルロン酸注入」「コラーゲン注入」「レディエッセ注入」などの注入法です。極細の注射針を使用してほうれい線に注入するだけで深いしわがなくなります。メスを使わないたるみ解消法は、いまや美容医療の現場では主流となっています。

施術のリスク

すべての医療行為にはリスクがつきものです。プチ整形も例外ではなく、たとえメスを使わない医療行為であってもリスクはあります。注入系のプチ整形のリスクには、注射をするときにできる「赤み」「腫れ」「内出血」などがあります。しかし、これらはできたとしても一時的な現象で、1週間くらい経過すると消えてなくなります。また、注入したあとすぐにメイクができるので、赤みや内出血などはファンデーションでカバーすることができます。基本的にプチ整形は元に戻せるので、もしも結果が気に入らない場合でも再度やり直しができます。しかし、そうすると費用の無駄遣いになってしまいます。そうならないために、カウンセリングを受けて納得してから施術を受けることが大切です。