プライベートクリニック吉祥寺で変身|変わる自分を実感しよう

スキンケア

ハイドロキノンで消す

顔を触る人

併用すると効果が高まる

しみの治療は、レーザーで消す方法が有名ですが、塗り薬を使用する治療方法もあります。レーザーに抵抗がある人や、時間をかけてじっくり治療をしたいという人は、ハイドロキノンという美白成分の強い塗り薬でしみを消していきます。刺激が強い成分なので、塗り始めると赤みが出たりしますが、それはきちんと効果が出ている証拠なので、心配することはありません。一緒にトレチノインという塗り薬も使うと、さらにしみが消えやすくなります。肌の新陳代謝が促進されるので、しみが消えるだけではなく、しわやにきびなど、他の肌のトラブルも改善することができます。また、ビタミンC誘導体の化粧水も併用すると、メラニンの生成が抑制されるので、さらに効果が高まります。

刺激を避ける

ハイドロキノンを使用している間は、皮膚が薄くなり、刺激を受けやすい状態になります。そのため、できるだけ肌に摩擦を与えないようにして、スクラブ入りの洗顔剤は使用しないようにします。洗顔後も、タオルで強くこすらず、優しくふきます。一番注意をしなければならないのは、紫外線です。しみができやすくなっているので、紫外線カット効果の高い下地や、ファンデーションを使用します。できるだけ肌に刺激を与えないように、紫外線吸収剤不使用の優しいものを使用するのが理想的です。治療も、紫外線の弱い冬がおすすめです。紫外線の影響を受けにくく、肌に赤みや皮むけあっても、マスクで顔を隠すことができます。春には、自信を持てる肌に生まれ変わります。